カードローン 審査 カードローンのメリットとデメリット カードローンの金利

カードローンはローンサービスです。ローンサービスを利用するということは、つまり利息も返済しなければなりません。
元本を返済することは金融機関からすればもともとあったお金が返ってくることであり、利息の返済を受けるということは営業利益になります。利益がなければさしもの銀行も経営が続かないので、カードローンを利用するのであれば利息の返済はいわば義務なのです。
さてその金利ですが、通常ローンサービスは利用金額が大きければ大きいほど金利が低くなります。
大きな金額のローンを利用するということは、それにふさわしい審査をクリアしたということであり、つまり信用度が非常に高い人ということになるのです。
カードローンはローンサービスの中でも最も利用金額の小さいサービスですから、マイカーローンなどと比較すると金利は高くなります。
しかし、カードローンは銀行のサービスですから、ノンバンクの同じようなローンサービスと比較すると金利はかなり低くなります。
これには理由があります。自己資本ではなく日銀や場合によっては企業として銀行から借り入れたお金でローンサービスを提供するノンバンクとは違い、銀行は自己資本からサービスを行っています。
ノンバンクは利用者の返済金の中から自身も銀行などに返済しなければならないため、返済のための金利も上乗せしなければなりませんが、銀行はその必要が基本的にありません。
これこそカードローンが金利が低く、返済に厳しい理由なのです。

関連ページ

勤務先発行のカードローン
自動融資が利用可能なカードローン
カードローンの様々な特典
あなたが探しているカードローン 審査の直近情報をまとめている専門サイトです。また、あなたに役立つカードローン 審査の基本的な情報も満載です。これからすぐ確認してみてください。
カードローンの金利が上昇?
あなたが探しているカードローン 審査の直近情報をまとめている専門サイトです。また、あなたに役立つカードローン 審査の基本的な情報も満載です。これからすぐ確認してみてください。