カードローンの金利が上昇?

カードローンも残念ながら万能ではありません。すべてにおいて完璧なサービスというわけにはいかないのです。
カードローンはローンサービスです。ローンサービスを利用するということは、返済時に利息を上乗せして支払う必要があります。
カードローンに限らず、ローンサービスの金利は世界の景気動向によって常に変動しています。
もし、現在よりも世界の景況が悪化した場合、例えば今の金利が10%のカードローンが、12%に上昇してしまう場合があります。
さらに悪いのは、カードローンの金利は基本的に固定金利を標榜しているので、契約時よりも金利が下がることは原則としてありません。
ですので、景況が良くなって世界的に金利が低くなっても、契約時の金利が年10%だった場合は8%になることはないのです。
なんとも理不尽な話に聞こえますが、銀行はローン提供時の金利で経営計画を立てているので、それ以下の金利を設定してしまうと銀行の経営が立ち行かなくなってしまいます。
銀行の経営が立ち行かなくなるということは、世間に与えるインパクトは計り知れないものになりますね。
企業も資金の確保ができなくなりますし、一般の人が利用している口座も凍結されてしまいます。その影響の大きさは計り知れません。
ただ、先にも少し触れた通り、銀行のカードローンはノンバンクの同じようなサービスと比較すると金利はかなり低いですし、そうそう急激に金利が乗降することもないので、それほど心配する必要はありません。

関連ページ

カードローンの金利
あなたが探しているカードローン 審査の直近情報をまとめている専門サイトです。また、あなたに役立つカードローン 審査の基本的な情報も満載です。これからすぐ確認してみてください。
勤務先発行のカードローン
自動融資が利用可能なカードローン
カードローンの様々な特典
あなたが探しているカードローン 審査の直近情報をまとめている専門サイトです。また、あなたに役立つカードローン 審査の基本的な情報も満載です。これからすぐ確認してみてください。