個人事業者向けカードローン

世間には多くの企業がありますが、規模はまちまちです。当然ながら、規模の小さな企業の方が多いです。
規模が小さくても法人格を持った企業もあり、そうした企業の中には法人カードを利用して自社の資金調達や資金管理を行っています。
しかし、個人事業主が運営しているごく小さな企業の場合、法人カードのサービスでは会社運営にマッチしない場合があります。
もっと自社に似合ったカードローンサービスが無いものでしょうか。そうしたニーズを満たすのが個人事業者向けカードローンです。
個人事業者向けのカードローンには2通りのサービスがあります。まずは、事業費だけでなく生活費にも利用が可能な場合があるフリーローン。もうひとつは純然としたビジネス用のカードローンです。
便利なのは事業用にも生活費にも使用できるフリーローンですが、こちらの場合審査が個人向けカードローンと同じものになります。
この場合、個人のランクは正社員の下、アルバイトの上という位置になります。つまり、一般の会社員が受けるカードローン審査と比較すると少し厳しい審査になります。
あくまでも事業資金を調達するのに使用したいというのであれば、事業資金専門のカードローンを利用する方が良いでしょう。
こちらの場合、サービスは法人カードに近いものがあります。例えば空港での専門ラウンジの利用などがそれにあたります。
ただしカードの発行はできないことが多いので、実際の利用にはサービス内容の確認が必須です。