個人以外のカードローン記事一覧

多くの企業は法人、つまり法律的に人格を認められた存在となっています。法人は営利・非営利と様々ですが、活動をするためには資金を調達しなければなりません。法人の資金の調達方法は大きく分けて2通りです。ひとつはビジネスローン、もうひとつは法人カードを利用したカードローンです。単純にビジネスに必要な資金を調達するというのであればビジネスローンを利用することになるのですが、例えば運営に関する経費の管理を充実...

法人カードの利用において、一番の魅力は業態によって利用方法を自在に設定できるということ。例えば、企業の活動の中で出張をすることは多いと思いますが、その費用の決済の方法は企業によって違います。ただ、多くの場合が社員がまずは自前で支払い、領収書を提出することによって経理部からお金を受け取るという形になっていると思います。しかし、各部署の裁量である程度使用できる資金があれば企業活動はスムーズになります。...

世間には多くの企業がありますが、規模はまちまちです。当然ながら、規模の小さな企業の方が多いです。規模が小さくても法人格を持った企業もあり、そうした企業の中には法人カードを利用して自社の資金調達や資金管理を行っています。しかし、個人事業主が運営しているごく小さな企業の場合、法人カードのサービスでは会社運営にマッチしない場合があります。もっと自社に似合ったカードローンサービスが無いものでしょうか。そう...

言うまでもなく、同じ業種であっても企業の規模が違えば必要な資金の額やサービスの内容も違ってきます。個人事業者向けのカードローンは当然ながら個人事業者のニーズにあったサービスを提供しています。特に大手メガバンクがサービスを提供する場合、アメリカン・エキスプレスやMasterカード、VISAカードの機能が備わっていることがあります。こうしたカードであれば、資金の調達だけでなく備品の購入や出張などの場合...

法人向けや個人事業者向けのカードローン審査は、個人が自由に利用できるカードローンサービスの審査と比較すると大きく違いがあります。というのが、個人向けのカードローン審査の場合、審査のポイントとなる点は金融機関が違ってもおおよそ同じようなものです。しかし、企業向けのものになると各金融機関によって重視するポイントが違ってきます。さらに法人向けなのか個人事業者向けなのかによっても違ってきます。一般に重視さ...