カードローンのしくみ

カードローンを利用する時、かつては担保となる資産が必要でした。銀行では、申込者が提出した資産がどれくらいの価値があるのかを算定し、その評価に見合った金額を、一定の金利を課して貸しつけていました。
また、利用には保証人を必要とし、利用者が返済できない状態になった場合、保証人から返済を受けるようになっていました。
現在は殆どが無担保かつ保証人不要で利用できるようになっています。それにはちゃんと理由があります。
銀行がカードローンサービスを提供する場合、銀行とは別に信用保証会社が審査を行います。銀行は申込者がローン利用者として妥当かを審査し、信用保証会社は利用者を信用できるかを審査します。
両者の審査をパスした時、信用保証会社は利用者の保証人としての役割を果たします。また、銀行はそれに沿って抵当資産を不要の利用者として認定します。
そのため、両者の審査を通過しなければ申込者はカードローンを利用できないのです。
一時期主流だった担保を使った貸付が最近下火なのは、かつてほど証券や土地の価格が高くないという理由があります。
しかし、全くそうしたサービスがなくなったわけでもないので、もし利用可能な資産を持っている場合、返済に問題が無いのであれば担保つきのサービスを利用すれば、無担保のものと比較すると低金利なサービスを利用することができます。
いずれを利用するにしても、自分の状況や用途を検討して、どちらが良いのかを考えて申し込みをする必要があります。