カードローンのカード

カードローンとは、その名の通りカードを利用するサービスです。利用者は金融機関が発行するカードを受け取り、ATMを使って現金の貸付を受けたり、借入金を返済したりします。
このカードはだいたいキャッシュカードと同じサイズなので、一般的なATMやキャッシュディスペンサーで使用することができます。
このため、利用している金融機関が提携している他の金融機関でも利用することができるため、ほとんどのカードローンサービスは日本全国津々浦々で利用できるということになります。
かつては利用する銀行や信用金庫に自身の口座を持ち、キャッシュカードを使用してローンを利用するサービスが主流でしたが、最近では金融機関によっては自行に口座を持っていない場合でも利用できるサービスが増えてきています。
自行に口座を持っている場合、キャッシュカードがそのままローン用のカードになる、あるいはカードローン機能を持ったキャッシュカードに持ち替えることになるのですが、口座を持っていない金融機関の場合、ローン専用のカードが発行されます。
カードローンの利用者の裾野が広がっている近年では、利用状況によっては金利がとても低くなるサービスがあったり、一定期間内に返済した場合、金利を支払う必要が無いサービスなど、銀行によって様々なタイプのサービスを提供しています。
自分の利用用途や利用頻度によって、どのタイプのサービスを利用すれば良いのかを考慮して、賢く利用するのが現代の財テクの1つとなっています。