歯科では、治療の中に保険適用と適用外が存在します。

そこで、インプラントの場合はというと、全て保険適用外です。

なぜ適用出ないのか疑問もあるでしょう、それは、インプラントの治療というのは保険適応の入れ歯などの治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の治療であったりでそのうえ、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療に時間がかかる分だけ医療費がかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費は増えてしまい、社会保険料の値上げが懸念されるので、今後も保険適用にはならないでしょう。

私たちの知るところになってきたインプラント。

人工歯の組成には、大多数の方は、セラミックを使用されています。

硬化プラスチックの差し歯と比べると、より硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に任せるしかありません。

高い技術はもちろんのこと、芸術的なセンスまでも患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストは外せなく結果、インプラントの治療費は高くなるのです。

どんな問題がインプラント治療にあるかをある程度は調べたと思いますが、その情報の一つには、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査はできないといった話を耳にした人ももいるでしょう。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ですが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金製品なので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

どうにも入れ歯がしっくりこない、ようはは入れ歯だと見た目が嫌で仕方ないかたには選択肢の一つとしてとしてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に表向きの人工義歯になる部分を装着します。

費用がかかることは事実なのですが、入れ歯よりも確実に自然な見た目で、自分の歯と同様に噛めるので、食べ物の味も楽しめます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を受けるといいでしょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、そこが安定したら上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣の歯と共に治療するので口を開けたところを見ることになればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削り支えるために負担もあるデメリットがあるのです。

インプラント治療は、どういうことを重要視すればいいのかというとどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

経験が多ければ多いほど良く、また、同じように、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状況、治療方法についてしっかり説明してくれることなども気持ちよく治療を受けることのできる歯科医選びの決め手となります。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という疑問は少なくないでしょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術はできないということです。

チタンでできた人工の歯根を顎の骨に穴をあけて埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に異常さえなければ活用できるのがインプラントの利点です。

人工歯根を骨に埋め込むことに、疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への影響が極めて低い素材を使ってできているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。