輸入車と国産車

輸入車と国産車。果たしてどちらが良いのか?という漠然とした疑問を抱いたとき、その「良い」という着眼点がどこになるのかは人それぞれだと思います。人によってはデザイン重視の人もいれば、燃費重視の人もいるでしょうし、また国産車にはない舶来品にステータスを感じて選ぶ人もいるでしょう。

 

ですが、実際日本で売れている車のほとんどは国産車であり、輸入車の売り上げは国産車のそれとは比較にならず、圧倒的に日本車のひとり勝ちといわざるを得ません。

数字的な根拠を示すまでもなく、街中で走っている車のほとんどは国産車ではないでしょうか。トヨタや日産、ホンダやマツダ、三菱、富士重工。また軽自動車だとスズキやダイハツあたりが多く、外国製の車は日本車ほど多くはないのが実情です。

 

ではどうして輸入車は国産車を凌駕できないのか?

 

それは日本車の性能が圧倒的に高すぎるのです。

 

日本車、特にトヨタにおいては日本市場でも圧倒的な支持を得ていますが、海外でも特にアメリカやアジア諸国の人気は非常に高く、特にトヨタのハイエースに至っては、盗難被害に遭いやすい車種のトップにあり、実際に盗難されたハイエースが東南アジアのどこかの国で走っていたなんてことは良くあるそうです。

 

ではどうして日本車はそこまで海外で人気なのでしょう。

理由は平たく言うと『日本車はタフで燃費が良い』これに尽きます。

 

つまり日本という国は南北に長く、気候も夏は猛暑で冬は酷寒。

 

そういった他国と比にならないくらいの厳しい気象条件の中、車は野ざらしにされているわけですから、その気象条件に耐えるだけの車じゃないと、日本では走ることが不可能なのです。更に技術革新でボディの軽量化や燃費の向上にどのメーカーもしのぎを削ってきた日本の製造業の歴史があります。

 

このような理由から日本における輸入車立ち位置というのは、実用性よりもデザインや、ブランド志向の顧客向けの『ステータス』に重きを置いた車が多いといえます。

 

今回はもし輸入車を購入することになった場合の注意点や、維持管理面で日本車とどちらが良いのか。また購入後維持していく上でのデメリットはどういったものなのかについてお話したいと思います。

 

加えて車を売るという観点でもポイントを解説できたらと思います。なぜなら車は購入したら遅かれ早かれ車を手放す時期が必ずやってくるからです。この車を売る時のポイントを一度マスターしてしまえば、次の輸入購入以降も役に立つからです。極端な言い方をすれば一生の財産となり得ます!