カードローン 審査 カードローン審査のチェックポイント

年収によってカードローン審査に違いがある

カードローン審査の方法

カードローン審査には、いくつかのポイントがあります。何がポイントとなるかという情報はインターネットで検索すればいくつか挙がってきますが、その中には色々な意見があります。

例えば、あるAという意見があれば、その意見は根拠が無いというBという意見があったりします。
こうした情報は銀行やその他のノンバンク、信用情報機関の情報が入り乱れているためになかなか正確な情報がつかみにくいために起こっているのです。
例えば年収についても色々と言われていますが、銀行の審査の場合ポイントとなる年収とは、あなたの年間の実質総収入です。
例えば、月給の総支給額が30万円の人でも、所得税や年金、雇用保険などは控除されます。これらを差し引いた支給額を収入として年収を計算します。
銀行以外の金融機関の場合、総支給額を年収として計算しているところもあり、基準としては曖昧ですが、基本的には控除後の収入換算であると考えておくと間違いありません。
ここで間違ってはいけないのは、銀行側が審査で提示する貸出限度額は、あくまでも銀行側の貸出金額であって、あなたが本当に返済できる金額ではない可能性があるということ。
返済計画をきちんと立てると、実際には限度額までの借り入れをしてしまうと返済が難しくなることも考えられます。
あなたの現在の収入と支出のバランスを考えて、どの程度なら返済が滞ることが無いかをきちんと把握する必要があります。
銀行提示額と自身の状況をきちんと踏まえて割りきって利用しましょう。

 

住居でもカードローン審査が違う

カードローン審査の方法

日本では、長くその場所にとどまることによって信頼を得ることができるという社会的な特性を持っています。

しばしばこうした特性は欧米とは違うと言われていますが、それは半分正解で半分は間違いです。
イギリスやドイツのような歴史の長い国の場合、日本と同じような社会的特性を持っています。
逆にアメリカのような若い国の場合、長くとどまるよりも移動などを繰り返す人の方が、多くの場所から望まれていると考える傾向にあります。
話は戻りますが、これも実はカードローン審査のポイントの1つになります。居住年月の長さによっては、同じ年収で同じ限度額を希望しても審査に受かる人と受からない人が出てくるのです。
長く居住しているということは、それだけ安定した生活基盤を持っているという基準となるため、持ち家であるか賃貸に限らず、少しでも長く居住している方が審査の時に良い印象を与えることができるためです。
ですから、たとえ持ち家に居住している場合であっても居住年月が1年以下の場合は審査に通らない可能性があります。
賃貸の場合、転居の回数もチェック項目に入ります。いわゆる転勤族ではないにも関わらず転居の回数が多い場合は審査の対象にすら入らないこともあります。
特に最近は居住期間が定められている定期借家を渡り歩くタイプの転居が多いようですが、これもカードローン審査においては良いとは言えません。
また、居住地と免許証などの記載に差異がある場合も審査で不信がられます。きちんと新しい住所を記入するように心がけましょう。

 

勤務先によるカードローン審査の違い

カードローン審査における、外すことのできない要素のうち、収入と住居の居住期間について説明してきました。最後の1つは勤務先です。
言うまでもなく、カードローン審査を受ける最低条件としては、一定の収入が必要です。
一定の収入を得るためには、何らかの形である程度安定した仕事をしている必要があります。
勤務先の情報や勤続年数の情報は、これらを銀行が審査するにあたって重要な要素となります。
単純に言えば、同じ勤務先に極力長く務めている人が審査をクリアしやすくなります。この時、雇用形態は問題ではありません。
たとえアルバイトやパートであっても、勤続年数が長ければ審査に良い印象を与えますし、最も信頼性が高いとされる公務員であっても、勤続年数が1年未満の場合は審査をクリアするのは難しいのです。
勤続年数が同じ場合、雇用形態によって審査の結果が違ってきますが、先の通り勤続年数の条項をパスすることができれば、勤務先や雇用形態は限度額の判定には影響あるものの、審査そのものについてはそう大きく影響が出るわけではありません。
基準は銀行によってそれぞれ違いますが、基準としてはおおよそ公務員が信頼性が高いとされ、次いで一般企業の正社員、契約・派遣社員、パート・アルバイトと続きます。
あくまでも基準ではありますが、おおよそこの順番で間違いないようです。仕事をしていない主婦の場合、審査されるのは伴侶の勤務先が重要になります。そのため、専業主婦の場合は夫に内緒でカードローンを利用するのは事実上不可能です。
どうしてもという場合は、パートやアルバイトで1年以上務める必要があります。

カードローン審査の方法

公共料金の支払いについても注意

カードローン審査のポイントとして上がることが多いものの、実際には関係ないという意見も散見されるのが公共料金の支払いについてです。
というのも、かつては公共料金の支払いの延滞がない人でなければカードローン審査をクリアすることは無いと言われていましたが、最近では公共料金の支払いの状況は個人情報であるため、法律上銀行ではチェックができないと言われているためです。
どちらの意見が正しいのでしょうか。結論から言えば、どちらも正しいのです。
先の通り、公共料金の支払いというのはガス会社や電気会社、水道局にするものです。これらは信用情報機関の会員ではないため、仮に信用情報機関から情報提供を求められたとしても情報を開示する義務はありません。
近年では個人情報保護法の制限もあるため、本人の了解なしにこうした情報を開示することはまずありません。
では、公共料金の支払い状況は審査に全く影響が無いかと言えば、中には影響のある人もいます。それは、公共料金をクレジットカードで支払っている人です。
最近のクレジットカードは、公共料金の支払いに利用するとポイントが貯まるものがほとんどです。
便利でお得なため利用している人が多いのですが、ここで支払いの遅延や延滞があった場合、クレジットカードを発行している金融機関を通して信用情報機関に情報が提供されます。
ここで延滞などがあった場合はカードローン審査に通りにくくなってくるのです。
このように、自分の利用状況によっては影響が出てくる場合もあるのです。

 

他でのカードローン審査が引っかかる場合も

カードローン審査の中でも、ポイントとしてはかなり重要なのに、あまり有名ではないポイントがあります。
例えば、持ち家に10年住み、それなりに名のある会社に15年勤めて、年収はおよそ650万円。それなのにも関わらずカードローン審査に落ちてしまう人がいるのです。
そんな、イマドキのことを考えるとなかなかのスペックの人が審査に受からない理由は一体何なのでしょうか。真っ先に疑われるのが他のローンサービスへの申し込みです。
例えばある銀行のカードローンに申し込んだ時に、同時に別のノンバンクなどの同じようなサービスを申し込んでしまうと、カードローン審査に悪い影響が出てしまいます。
こうした行為は、いわば自分が他の金融機関の審査を受からないと宣言しているようなものだからです。
銀行は信用をチェックします。にもかかわらず、他の金融機関が信用しない人と審査に通すなんてことはまずありません。
たとえそうでなかったと自分が言っても、銀行側は決してそうは見ないのです。
ですので、カードローン審査を受ける場合は、他にローンサービスの申し込みをしない、仮にしていたとしても3?6ヶ月以内にはしないというのが無難です。
他の金融機関の審査を受け、特に審査をクリア出来なかった場合、その人は信用度が低いにもかかわらず申し込みを繰り返す、いわゆる申し込みブラックであると銀行は判断するのです。
こうした人は多重債務者である場合が多いため、銀行としてはリスクヘッジのために審査を見送るのです。

 

カードローン審査の申し込み

カードローン審査に申し込む

カードローン審査を受けるためには申し込みをすれば良いのですが、申し込みをする前にしておかなければならないことがあります。返済シミュレーションです。
先の説明にもありましたが、カードローンは銀行が提供するサービスなので、返済が滞ってしまった場合、すぐに契約が破棄されて残債を全て一括で返済するように要求されます。
そんな大きな額の返済を一括でするのは不可能に近いので、こうした事態を避けるためにも、確実に返済できる計画を立てて、入念にシミュレーションを行っておく必要があります。
こうしたシミュレーションは、申し込みを予定している銀行にお願いすれば無料で行ってくれます。
さて、ではどの銀行に申し込むかということになるのですが、一番良いのは今まさにメーンバンクとして利用している銀行です。
現在利用している銀行に申し込む場合、個人情報などは口座を開設する時に記入したものを使用できるので申し込みの手間が少なくなりますし、返済もその口座から行われるため、利用と返済の管理がとても簡単だからです。銀行によっては、キャッシュカードにそのままローン機能がつくので、カードが増えないのもありがたいですね。
銀行の審査は必ず2回以上行われます。銀行にとっても自行の業務に大きな影響を与える事案となるので慎重なのです。そのため、ノンバンクの同様のサービスと比較すると審査に時間がかかることが多いです。
もし以前に他のローンサービスの利用において返済の遅延などがあった場合、審査はさらに長くかかるものと思っておきましょう。

 

カードローン審査の流れ

先の説明の通り、銀行のカードローン審査は他のノンバンク系金融機関の同じようなローンサービスの審査と比較すると時間がかかるのが普通です。
おおよそ2週間、長い場合は3ヶ月以上かかることもあります。審査の期間が長くなるのであれば、それ以外の流れはできるだけスムーズに行いたいものですね。
最も簡単かつスピーディなのは、インターネットを利用して申し込みを行うことです。
ほとんどの銀行のカードローンサービスのインターネットサイトには、簡易に審査を受けることがあるシステムが組み込まれています。
自分の年齢や勤続年数、おおよその年収を入力すれば利用が可能か、利用限度額がどれくらいなのかをチェックすることができます。
あくまでも簡易の審査のため、この審査で良い結果が出たからといってかならず本審査をクリアするというものではありませんが、利用における良い目安になりますし、何より簡易審査をクリアしない場合は本審査も無理でしょう。自分が審査に受かるかどうかを確認するのには一番手軽かつ簡単な方法です。
簡易審査をクリアすると、実際に申し込みを行うページに移動します。この時、簡易審査の時に入力した情報はそのまま流用できるので入力の手間を省くことができます。
審査の流れそのものは、どこの銀行でも同じです。申込内容を元に、銀行と銀行が指定する信用審査機関が同時に審査を行います。
この2つの審査のうち、どちらか片方だけでも通過できない場合はカードローンを利用することはできません。

 

低い限度額でカードローン審査に申し込む

銀行のカードローン審査をどうしても受かりたいという人はたくさんいますが、実際のところ確実にクリアする方法はありません。
しかし、やり方によっては審査のハードルを低くすることができることもあります。
これらは必ずしも全ての銀行に共通する方法というわけではありませんが、心がけとしてはやっておいた方が良い方法ではあります。
それはあえて低い利用限度額を希望するということです。
この方法を試すメリットは小さくありません。というのも、限度額が低い場合、銀行の審査項目に対するチェックも大きな金額のものと比べてもハードルが低くなります。
加えて、それでも審査に受からないのであればそれ以外の基本的な項目について何らかの審査に受からない理由があるということが分かるからです。
限度額を低くするということは、銀行に対して返済計画をきちんと立てた結果だということがアピールできます。また、借りすぎによる審査落ちを防ぐことができます。
たとえ低い限度額で申し込みをしても、利用額を増額する審査を受けることもできます。長く利用して信頼を勝ち得ることができれば増額できる可能性も高まります。
逆にカードローン審査をクリアせずに利用できなければ、向こう3ヶ月から半年くらいはカードローン審査に申し込んでも審査すらされない状況になってしまいます。
どちらがより良い結果を得ることができるかなど、わざわざ言及する必要もありませんね。
いずれにしても、カードローン審査を問題なくクリアするためには、銀行に対してあなた自身がリスクの低い申込者であるということをアピールする必要があるのです。

 

カードローン審査のために勤務先は正確に

カードローン審査を申し込む場合、入力する情報は全て正確に入力しなければなりません。
特にインターネットで申し込みを行う場合、変換ミスなどによる入力ミスがあると、その時点でアウトです。
故意の場合であれそうでない場合であれ、審査の時点で間違った情報が入っていた場合は虚偽の申し込みをしていると判断されてしまいます。
とりわけ重要なのは、勤務先の入力項目です。というのも、勤務先の有無が確認できるということは、返済能力があるという証明になるからです。
現在どの会社に勤務しているか、どういう雇用形態なのか、どういったポジションにあるのか。これらを正確に入力することが大切です。
パートやアルバイトの場合、どうしても収入が低くなってしまうため審査に不利になる傾向にありますが、だからといって虚偽の記入をしてしまうと申し込んだ審査はもちろん、今後他のローンサービスの申し込みについても良くない影響を与えてしまうことになります。
余談ですが、勤務先が上場企業なのか非上場企業なのかによっても、銀行によっては審査を左右する場合があります。
ただし、これはそれほど重要なポイントというわけではありませんし、カードローン審査に受かりやすくするために転職をするという愚を犯すこともありません。
とにかく重要なのは、嘘の勤務先を記入しないこと。勤務先を間違って記入しないことです。
窓口などで申し込む場合、読み取れない字で書いてしまわないように注意しましょう。

 

自分を良く見せてカードローン審査

カードローン審査の時に記入する項目や提出する書類は、全てにおいて間違いや嘘があってはいけません。
しかし、審査をクリアするためには少しでも自分を良く見せる方が良いに決まっています。
自分を良く見せたいけれども嘘はいけない。なかなか難しい立場に立っていると言わざるをえません。
しかし、嘘のない範囲で自分を良く見せるための工夫が無いわけではありません。そこで、いくつかの例を挙げてみましょう。
アルバイトやパートの場合、収入を証明するもの、例えば給与明細などを提出する必要があることがほとんどです。
その場合、直近3ヶ月の中でもっとも給料の良かった明細を提出するという方法があります。
また、勤続年数についても、例えば複数の仕事を掛け持ちしている場合は勤続年数のより長い方を申請するという方法があります。
また、現在仕事をしていない人であれば、派遣会社に登録をするという方法もあります。
いずれのケースにおいても、虚偽を記入しているわけではありませんから嘘にはなりません。
もちろん嘘はいけません。実際には働いていない職場を申告したり、実際には一年以上昔のかつてのバイト先の給与明細を提出するのは虚偽になります。
しかし、上記のようなケースは自分の現状であることに違いはありません。そういう意味では虚偽では決してないわけです。
このように、自分の現状を見つめなおしてみるのも悪いことではありませんし、結果として自分をより良い姿に見せることができるのであれば試してみるのも良いでしょう。

 

初めての消費者金融体験

 

旅行資金の不足を補うために借り入れ


去年の夏頃、私は初めて消費者金融を利用しました。
利用したきっかけは、友人との夏休み旅行の資金不足でした。
当初の予定では、夏休みの前半にアルバイトを頑張って資金を確保し、後半に旅行に行く予定だったのですが、スケジュールが合うのが前半しかなかったため、資金を用意できなくなってしまったのです。
それで、家族や友人達とお金の貸し借りをするのは嫌だったので、消費者金融会社から借りようと決意した訳です。

口コミを参考に会社選び


ただ、決意したは良いものの、それまでキャッシングの経験がなかったため、どの消費者金融会社を選べば良いか以前にどんな会社が存在しているのかすらよく分かっていませんでした。
なので、まずはインターネットでキャッシングサービスを提供している会社について検索してみることにしました。
すると、さまざまな会社に関してのクチコミ情報を多数掲載しているサイトを見つけたのです。
実際にサービスを利用した方の生の声を見るとそのサービスの質が高いかどうかがよく分かるので、利用する消費者金融会社選びにとても役立ちました。

窓口で申し込みをして審査に無事通過


最終的に、口コミでの評判も良く、家から近い位置に店舗がある大手の会社を利用することに決めました。
今の時代だとインターネットで手続きを完結できるので店舗が近くなくても良いことは知っていたのですが、初めてのときは窓口の方に聞きながら契約を申し込めた方が便利だろうと思ったのです。
書類を揃えて窓口へ向かい、色々と相談をしながら申し込みを済ませてしばらく待つと、無事に審査に通過して借り入れが認めてもらえました。

借りたお金の返済もしっかり完了


審査に通過した後はカードを発行してもらえたので、そのカードを使って、さっそくATMでお金を借りました。
そのお金で友人と旅行を思う存分楽しんでくることができたので良かったです。
旅行から帰った後はアルバイトを頑張り、借り入れを行った翌月にはもう一括で返済を終えたので、利息がかさむこともなく無事に返済を終えられました。
その後は特にお金を借りてはいませんが、もしまたお金に困ることがあったら、そのときも消費者金融を利用してみようかと思っています。

 

更新履歴

サプリメント 全身脱毛 オーディオ ネットファックス Page Rank KING http://www.astral-japan.com/ http://www.blueridgecabinvacations.com/ http://www.kurakibi.jp/ http://www.gors-syr.org/ http://www.pix-creations.com/